飲食店 ロボット

レストラン ロボット-人手不足に最適のソシューション

国内における飲食産業の人手不足の問題は予想より深刻に進んでいるため、人材の確保の難しさと人件費の高騰は数多くの飲食店経営者らを悩まされていました。レストラン サービスロボットLuckiの導入は新たな突破口を開きました。お手頃の価格で、性能安定、配膳効率アップなどのメリットがあります。またLuckiは様々なモードが搭載しており、お店の外での集客、看板メニューのプレゼン、店内での自動配膳、自動テーブル案内などついているため、人手不足による経営リスクを最小限に減らせるでしょう。
より詳しくいうと、配膳モード:レストラン サービスロボットLuckiから配膳・下げ膳の仕事を担当し、ホールスタッフの作業時間が削減され、接客サービスの向上に貢献しています。ピーク時間でも回転率が向上し、売上拡大に繋がっています。プロモーションモード:お客様が近づくと、Luckiがポスター表示やCM再生、お勧め料理の紹介ができます。案内モード:お子供連れが多い場合、ロボット活用により楽しさを演出し、話題性により客数増に繋がっています。

飲食店 ロボットの諸問題について

レストランロボットはどのようなレストランが導入しやすいですか?

配膳ロボットはレストランのカテゴリーには制限がなく、以下の最低限の条件さえ満たされば、全てのレストランが導入できます。条件:通路の最小限幅は75cmで、店舗面積は100平方メートル以上でございます。現在商品配送ロボットはすでに焼肉レストラン、居酒屋、ラーメン屋やファミリーレストランなど多くの外食業界が導入されていました。

配膳ロボットの値段はいくらですか?

オリオンスター社は世界ではリードの配膳ロボットメーカーで、より高品質かつ競争力のある製品を提供しております。配膳ロボットの商品価格に関するお問い合わせは資料請求のところにご連絡先をご記入頂ければ、後日弊社スタッフよりご連絡差し上げます。

レストランサービスロボットはどうやって集客してますか?

LuckiはAi音声機能を通して、自律的に店外のお客様に声をかけ、また自動的に店外で看板メニューのアナウンス宣伝を行います、飲食店の集客力アップに貢献すると図れます。

レストランサービスロボットの配膳効率はどのぐらいですか?

L弊社のロボットの操作が簡単で、ワンタッチで配送開始し、4つのトレーで最大積み重量は40Kgで、1回の巡航は4つのテーブルに回せます、1回の充電で8-10時間使用できます。(1日400回配膳に相当します)